スポンサードリンク

miyazakitom TwitterTwitterやってます
はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数 人が登録
この記事をクリップ!
atom:
RSS:

■CentOS6.3サーバー構築マニュアルを無料プレゼント

  CenOS6.3のサーバー構築手順、VMware Player4の
  ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
  無料でプレゼントしています。


  詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてダウンロードしてください。
  CentOS6.3サーバー構築マニュアルを期間限定プレゼント

プロが現場で構築するLinuxサーバー技術が習得できる講座とセミナー

   → 【Linux講座】プロが使うLinuxサーバー構築講座

   → 【Linuxセミナー】リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS版】

Linux最強Tips集システム管理 > Linuxの種類とバージョンを確認する

Linuxの種類とバージョンを確認する


スポンサードリンク

Linuxサーバーを運用していると、担当者の引継ぎのような場面が必ず訪れます。
そのような時、引き継いだ人間は仕様を理解するために、仕様書や構築手順書などの
ドキュメントに目を通します。

しかし、長い間運用されてきたシステムでは、ドキュメントのメンテがされていない、
または一部が紛失しているケースがあります。

そんな時は実際に稼動しているサーバーで状態を確認するしかありません。

このLinuxの種類とバージョンを確認する方法も、サーバーの状態を
確認するのに役立つものになります。


--------------------------------------------
$ cat /etc/issue  ←「cat /etc/issue」を実行します。
CentOS release 5.5 (Final)
Kernel \r on an \m
--------------------------------------------
CentOS release 5.5 (Final)と表示され、「CentOS 5.5」であることがわかります。


また、/etcディレクトリに「ディストリビューション名-release」のファイルがあれば、
それにも明記されています。
--------------------------------------------
$ cd /etc  ←「/etc」ディレクトリに移動
$ ls -l *-release  ←「-release」が付くファイルを表示
-rw-r--r-- 1 root root 27 4月 26 2010 redhat-release
$ cat redhat-release ←「redhat-release」ファイルの内容を表示
CentOS release 5.5 (Final)
--------------------------------------------


■CentOS6.3サーバー構築マニュアルを無料プレゼント

  CenOS6.3のサーバー構築手順、VMware Player4の
  ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
  無料でプレゼントしています。


  詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてダウンロードしてください。
  CentOS6.3サーバー構築マニュアルを期間限定プレゼント


スポンサードリンク

Linux最強Tips集:当サイトについて

  • Linux最強Tips集は個人で運営しているサイトです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。

CentOS6.3サーバー構築

サイト内検索



基本コマンドTips

Linux起動Tips

ユーザー管理Tips

ディレクトリ・ファイル操作Tips

ディスク操作Tips

テキスト処理Tips

システム管理Tips

RPM Tips

ネットワークTips

セキュリティTips

サーバー管理Tips

Linux用語

相互リンク募集

facebook公式ページ

copyright(c) 2007-2012 Linux最強Tips集 All Rights Reserved.
ファンデーション
<>